明石市歯科医師会
ホーム サイトマップ リンク
歯科医師会ってなぁに? 歯科医院検索 お役立ち情報 休みの日に困ったら? 障害をお持ちの方へ 学校歯科について 往診を希望される方へ
ホーム > 学校歯科について > お口のケガ
学校歯科について
学校歯科のご紹介
食育について
お口のケガ
学校歯科担当医一覧

お口のケガ
(1)もし外傷で歯が抜けたら
 子どもは元気にのびのびいっぱい遊んで、いろんな事を学びます。しかし最近の子どもは、転んだりする時に、手が先に出ず、顔を直接ぶつける事が多くなりました。そんな時、口をぶつけて口の中を切ったり、歯が抜けることがあります。
不幸にも歯が抜け落ちてしまったときは、あわてないで、なるべく早く(できれば30分以内に)その歯を牛乳アレルギーがないお子様ならば、牛乳の中に入れて、もし出先などで牛乳がなければ、そのままビニールやラップでそっと包んで、急いで歯科を受診してください。抜けた歯に砂や泥がついても決して歯を触ったり、水道水で洗ったりしないでください。また、歯を乾燥させないことがとても大切です。
 歯科医院で抜けた歯をきれいにして元の位置に戻すと、うまく着くことがありますので、あきらめずにすぐ受診してください。特に歯の根っこの周りの組織が乾燥せずに残っていて、抜けてからの時間が短ければ、抜けた歯でもちゃんとくっ付きます。
 歯が抜けないまでも、一部欠けたり、グラグラしてしまう事もあります。そんな時も、もし欠けた歯が見つかれば、それを持って急いで歯科医院を受診してください。歯が欠けたままや、グラグラ動いたまま放置しておくと、歯がダメになってしまうこともあります。歯科医院できっちりと処置をしてもらいましょう。
また、唇や口の中を切ってなかなか血が止まらないことがあります。口の中の粘膜は非常に柔らかく、出血しやすい場所ですので、通常は10分ほど、ガーゼやティッシュで傷口を押さえておくと出血は止まります。それでも血が止まらなかったり、傷口が開いているようだったら、すぐに歯科医院を受診しましょう。
 子どもの急なお口や歯のけがでも、かかりつけの歯科医院があれば、すんなり治療が出来る場合が多いです。明石市歯科医師会では、1歳半、3歳児健診、2歳児歯科健診、妊婦健診等を通して、市民の皆様の歯やお口の健康増進にお役に立てるよう、また身近なかかりつけ医になれるよう、日々研鑽しております。
(2)スポーツの時にマウスガード
 お口や顔のまわりのケガの原因の1位は交通事故です。2位は転倒や転落、そして3位にスポーツがはいります。スポーツによるお口や顔のまわりのケガをされる人の割合は10人に1人と言われています。
 今回はスポーツにおけるお口や歯のまわりのケガの予防についてお話します。
 ケガには、歯が折れる、歯が抜ける、お口の中が切れるといったものがあり、ひどい時はアゴの骨折やあごの関節を痛めて口が開かなくなったり、時には脳しんとうや、脳に障害が出たりします。
 このようにスポーツによるケガは、特に選手同士の衝突や転倒、用具など接触を伴う可能性のあるコンタクトスポーツ、例えばラグビー、サッカー、アメリカンフットボール、バスケットボール、野球、ラクロス、相撲、空手、柔道、ボクシング、ホッケーのようなスポーツに多く見られます。
 そこで、お口やアゴをスポーツによるケガから守る装置として、マウスガードがあります。スポーツ中に起こるお口の中のケガを未然に防ぎ、大切な歯を守ってくれるプロテクターです。強い衝撃から歯を守るために高性能な衝撃吸収材でできています。
 また、マウスガードをかみしめていることで、アゴのまわりの筋肉が活性化して、頭が固定され脳へのダメージが軽減され、歯のケガだけでなく脳の外傷も予防できるというデータもあります。他に、筋肉が活性化され脳の神経の働きも活性化され、運動能力も向上するというデータもあります。
 スポーツにはケガがつきものです。正しい技術を習得し、ルールの理解とフェアプレイを徹底し、施設、用具設備の点検と管理を徹底し、予見し、回避する能力を高めてもケガは避けられない時があります。ケガをして歯を失ったり、ましてや脳に障害が出てからでは大変です。
 ケガをしないため、歯や脳を守るためだけでなく、思いっきりプレーをするためにもマウスガードの装着をお勧めします。
 明石市歯科医師会では、マウスガードを作っている歯科医院を紹介いたします。
 費用は自費で、材質、精度によって、5千円から2万円程度となっておりますので、どうぞご相談ください。
▲ページトップへ
Copyright © Akashi Dental Association. All Right Reserved.